強度近視の私がフェイキックIOLを受けて視力を回復した体験と視力が低下するメカニズム、対処方法について、説明します。意外と多い強度近視の方向けに情報提供ができればと思います。

手術の副作用と合併症

レーシックをはじめとする屈折矯正手術は、多くのメリットがある一方、リスクもあります。 手術を受ける際にはリスクについて十分に理解しておく必要があります。
こちらでは、屈折矯正手術特有の問題点、副作用、合併症について説明します。 なお、内容については私が調べた範囲、経験した範囲で正確な情報を掲載するようにしていますが、手術を受ける際は、医師に確認し、必ず理解し納得するようにしてください。
最初に同じレーシックでも術式によってリスクは大きく異なります。 フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法により「一般的なレーシック」と「イントラレーシック」の2種類に分類されますが、イントラレーシックの方がリスクが小さくお勧めです。
■一般的なレーシック
マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。 カンナ部分の往復運動により機械的にフラップを作成するため、フラップの断面にムラができ、まれにシワの原因となることがある他、技術の習得に時間を要し、手術の結果が執刀医の技量に大きく左右される問題点があります。
■イントラレーシック
アメリカINTRALASE社製イントラレースフェムトセルレーザーを用い、コンピュータ制御によりフラップを精密に作成することで一般的なレーシックより安全性を高めた術式です。
コンピュータ制御によりフラップを作成するため、フラップ断面やヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分もムラなく、 一般的なレーシックと比較してフラップをより薄く作成することができる。そのため、角膜実質層の削除可能量が増えるため、一般的なレーシックよりも強度の近視矯正が可能となります

現在はイントラレーシックが普及したこと、また視力矯正用のエキシマレーザの性能が格段に向上したことから、手術の安全性は高く、合併症の発生は少なくなっていますが、絶対に発生しない訳ではありませんので、注意が必要です。

◇屈折矯正手術の問題点
●レーシック特有の問題点
■レーシックは、角膜を削る手術であるため一度手術を行うと元の状態に戻すことができません。
■きちんとした病院ではありえませんが、エキシマレーザーで角膜を薄く削るため、削りすぎによる角膜強度低下が発生する場合があります。

●屈折矯正手術全般の問題点
■屈折矯正手術が一般化してまだ十数年しか経過していません。そのため長期予後については、まだ不明の部分があります。  例えばレーシック手術を行って、20年、30年すると急に角膜が強度を保てなくなり、失明するような事態も最悪のケースとして起こり得る可能性があります。現実問題として可能性は非常に低いとは思いますが、長期的には何が起こるか分からない部分はあります。
■人間の体は個体差がありますので、同じ手術を行っても眼の状態が安定するまでに一定の期間が必要となります。
■術後のコントラストの低下、矯正後視力の低下が起こることがあります。コントラストの低下は特にレーシックで発生します。また、矯正後視力はその後も視力低下が続く場合は低下することになります。
■矯正精度と事前の予測値に差があるため、過矯正および低矯正が発生する可能性があります。  そのため、術後に、再手術やメガネ、コンタクトレンズによる追加矯正が必要になる場合があります。
■術後に見え方の違和感、眼の異物感、ドライアイが発生し症状が継続する場合があります。
■年齢によっては老眼により、術後に裸眼で近くが見えにくくなり、老眼鏡が必要になることがあります。

↑ PAGE TOP