強度近視の私がフェイキックIOLを受けて視力を回復した体験と視力が低下するメカニズム、対処方法について、説明します。意外と多い強度近視の方向けに情報提供ができればと思います。

視力回復手術の種類を理解しよう

近視を矯正する方法は、①メガネ、②コンタクトレンズ、③屈折矯正手術のいずれかしかありません。しかし、強度近視の場合はメガネでは十分な視力が得られない、もしくはコンタクトレンズで視力を得ることはできても、花粉症等のアレルギーの関係で長時間の装用が難しい、お風呂に入る際に足元が見えずに不安、地震等の災害が発生した場合はどうすればいいのかなど、悩みは尽きません。 そこで、私の場合は屈折矯正手術を選択したのですが、これにもいくつかの選択肢があります。
 ■眼の中に人口のレンズを入れる(フェイキックIOL)
 ■角膜の形状を変える(レーシックなどエキシマレーザーを用いた手術)

フェイキックIOL

フェイキックIOLは角膜と虹彩の間に人口レンズを挿入し、虹彩に固定する術式です。イントラレーシックやレ―ゼックでは治せないような極度の近視が治療の対象になります。水晶体の調整能力が温存されるので若い方も手術の対象となります。

①この術式の一番の問題は、「内被細胞を損傷する」ことがある点です。 手術器具や人口レンズで角膜を傷つけると、内皮細胞損傷により水泡性角膜炎を起こすこともあります。眼球の内部で手術を行うため、とくに厳重な衛生管理が必要であり、信頼できる病院、先生の執刀の元、手術を受ける必要があります。

②人口レンズの乱反射によって、夜間の光がすこしギラギラしてまぶしい感じがしますが、これは徐々に慣れ、数か月すればそれほど気にならないと思います。

その他にも、人口レンズが房水の流れを阻害するため緑内障が起こりやすい、人口レンズにタンパク質や脂肪の沈着が起こりやすいなどの問題点が指摘されていましたが、近年、穴開きの人口レンズが登場するなど、改善が進んでいます。また、レーシックに比べて価格が高いのが難点です。

レーシックなどエキシマレーザーを用いた手術

 角膜をエキシマレーザーで削ることにより、光の屈折率を変え、網膜に像を結ぶようにする手術です。
①この手術の一番の問題点は不可逆的な手術であるため、問題が発生した場合に戻すことができないことです。手術はコンピュータによる自動化が進んでいますので、失敗する確率は以前に比べて大きく低下しています。とはいえ、何か問題が発生しても戻すことはできませんので、手術を受ける際は信頼できる病院を選ぶなど注意が必要です。

②角膜の厚みが薄いもしくは強度近視の方は手術の対象外となる可能性がある。
 角膜を削って焦点距離を変化させる術式のため、角膜が薄い場合は手術の対象外となってしまいます。これは何ともできませんので、対象外となった場合は、上述のフェイキックIOLを選択するか、メガネ、コンタクトレンズを継続するかの選択になります。

↑ PAGE TOP