オルソケラトロジー(角膜矯正法)について原理と疑問点、注意点を解説しています。オルソケラトロジーを検討されている方の一助になれば幸いです。

手術せずに視力を矯正する、近視を矯正するための夜間コンタクト、それが「オルソケラトロジー」

手術をせずに視力を回復し、眼鏡やコンタクトレンズが不要な生活の実現は全ての近視に悩む人の理想だと思いうのですが、それを実現する技術をオルソケラトロジーと呼びます。
オルソケラトロジーは、2002年に米国FDAにより医療用具として承認を受け、その後世界各国に普及しています。日本では、2009年4月に厚生労働省により、その効果と安全性における有用性が評価され承認を受けています

それでは具体的にどのような仕組みで近視を回復するのか、その原理について説明します。

オルソケラトロジーの仕組みは?

オルソケラトロジーは、夜、寝る前に専用の酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着し、朝、目が覚めたら外すことを1~2週間続けることで、角膜のカーブがレンズによって矯正されるため、昼間でも眼鏡やコンタクトレンズを使うことなく裸眼で過ごせるようになる術式です。

メリット  外科手術を行わずに視力を回復することができる
 成長期の子どもが使うと、近視を抑制する効果がある
デメリット  近視に対する恒久的な対策にはならない。(外科手術ではないため、コンタクトレンズの装着を中止すると視力も元に戻る)
 コンタクト、眼鏡よりもコストが高い
視力は回復したいが、レーシック、フェイキックのような外科手術に抵抗がある方向けの治療法です。 徐々に視力が回復するため、回復途中においては裸眼ではよく見えないけど、眼鏡、コンタクトを装着すると見えすぎて気分が悪くなるタイミングもあり、視力が安定するまでの間は、仕事を休むなどの対処も必要です。

オルソケラトロジー・ガイドランとは?


中程度の近視の方向けの視力回復が期待できるオルソケラトロジーですが、トラブルを防止するために日本コンタクトレンズ学会では、オルソケラトロジー・ガイドランを公表しています。 これによると「オルソケラトロジー講習会」の受講証を持ち、個々の製品の講習会を受けた眼科専門医のみオルソケラトロジーレンズの処方を行えることになっており、誰でも処方できる訳ではありません。
トラブルが発生しない仕組みをちゃんと考えているのは、安心ですね。

■オルソケラトロジー・ガイドラン
オルソケラトロジーレンズの処方を行うには、次のような手順が必要です。
1.学会などに併催される「オルソケラトロジー講習会」に出席し、受講証を取得 する。眼科専門医以外には受講証は配布されません。
2.厚生労働省の承認を受けたオルソケラトロジーレンズの、個々の製品の講習会を受ける。各製品個別に行われ、受講した製品の処方しかできません。また、あらかじめ「オルソケラトロジー講習会」を受講している必要があります。
3.「オルソケラトロジー・ガイドライン」に従って実際の処方を行う。
---
ガイドラインはこちら⇒http://www.clgakkai.jp/general/consensus02.html

「オルソケラトロジー・ガイドライン」より、オルソケラトロジーの利用に際して十分な確認が必要と思われる部分を抜粋してお知らせします。
●患者本人の十分な判断と同意を求めることが可能で,親権者の関与を必要としないという趣旨から20歳以上とする.
 ガイドラインではオルソケラトロジーは20歳以上からの適用を原則としていますので、子供への適用はクリニックと相談の上、自己責任となります。

●屈折矯正量は、「近視度数はー1.00Dから-4.00D,乱視度数は-1.50D以下を原則とする.」
近視の度数はD(ディオプター)を使って表されます。Dは「Dioptre」のことで日本語では「ディオプター」とか「ディオプトリ」とか「ジオプター」と呼ばれています。これは「レンズの屈折力の単位」で「近視・遠視・乱視の度数」のことです。

混同されることがありますが、視力と度数はまったく別物です。

度数から視力は分かりませんし、視力から度数を知ることもできません。(ある程度の予測は可能です)

視力とは「物の形を認識する能力」のことで、視力検査でランドルト環「C」のどっちらが開いてるか確認することで調べることができます。一方、度数は「目の屈折力」である程度の距離にある物とピントを合わせるために必要なレンズの性能を表しています。

近視はマイナスで、遠視の場合はプラスで表します。

具体的にいえば、-1.0Dは1m先の物がはっきり見えること。-2.0Dは50cm、-5.0Dだと20cm、-10.0Dだと10cm先の物にしかピントが合っていないことを表します。


D(ディオプター)は、100を文字がはっきり見えた距離のセンチメートルで割ることで算出できます。 上の図からも分かるように近視度数ー1.00Dから-4.00Dとは軽度から中程度の近視です。 眼鏡で矯正した場合、薄めのレンズで矯正できる程度の近視と考えてよいでしょう。

●角膜内皮細胞密度が2,000個/mm2以上であること.
 角膜は透明な膜で5層に分かれており、眼の表面から、上皮層、ボーマン膜、実質層、デスメ膜、内皮層に分かれます。角膜内皮細胞はこの角膜の最も内側にある組織で、六角形をした角膜内皮細胞が規則的に配置されています。角膜内皮細胞は角膜の透明度を維持するために必要であり、内皮細胞の密度がある限度を超えて少なくなると角膜にむくみが発生し、角膜の透明性が維持できなくなります。 そのため、2,000個/mm2以上の密度があることがオルソケラトロジーを行うための最低条件となっています。

次のような患者は,処方の対象とはしないか,または慎重に処方するものとする.
治療途中に車あるいはバイクの運転をする患者,または視力変化が心身の危険に結びつくような作業をする患者.
●暗所瞳孔径が大きな患者(暗所瞳孔径は4~5mmであることが望ましい).
 オルソケラトロジーは治療中はもちろん、安定期に入っても視力の変動があります。視力変化が何らかの危険を及ぼす可能性がある方は治療の対象となりません。また、暗所瞳孔径が大きな患者については、ハロー・グレアが発生する可能性があるので一定の基準を設けています。

オルソケラトロジーQA~オルソケラトロジーの疑問を解消~


Q.レンズに度数は入っている?
 オルソケラトロジーのレンズに度は入っていません。

Q.レンズはいつ装着するのですか?
レンズは眠る前に装着し、朝起きた段階で外します。

Q.レンズの酸素透過性は?
 国内で処方されるレンズの9割以上は、東レ(TORAY)ブレスオーコレクトかオルソ-K(ORTHO-K)もしくはマイエメラルドです。これらのレンズの酸素透過係数DK値はいずれも100を超えており、酸素透過は十分なレベルです。例えば、メニコンのレンズだと1か月交換型ソフトレンズ「マンスウエア」の酸素透過係数は34×10-11、ハードコンタクトレンズのメニコンEXで64×10-11、メニコンZで163×10-11です。メニコンZには及ばないものの、十分な酸素透過性を担保できていることが分かります。

Q.近視軽減の効果はどれくらい持続しますか?
個人差はありますが、最大で24時間~36時間程度効果が持続します。

Q.どれくらいの頻度でレンズをつける必要がありますか?
基本、毎晩レンズを装着し続ける必要があります。  なかには一日おきのレンズ装着で近視軽減の効果が持続する方もいます。

Q.一度購入したレンズはずっと使えるのですか?
コンタクトレンズと同じく、オルソケラトロジーレンズにも寿命があり、2~3年で交換する必要があります。

Q.レンズの使用を中止すると、視力は突然元に戻るのですか?
就寝時のレンズ装用を中止した場合,角膜のカーブは2~3日で徐々に戻り始め、1ヶ月程度で完全に元通りになります。 ただし、強い近視の場合には1日のうちに近視の戻りが生じることもあります。
Q.最初のレンズ装着からどの程度の時間で、視力回復効果が得られますか?
レンズを装着した翌日から近視度数の軽減による視力回復効果が得られ、1~2週間程度で目標視力に到達します。 視力回復過程では視力が安定しませんが、この際は使い捨てレンズを使うことで日常生活が可能となりますが、 極力、目を使わなくても生活できる準備をしておいた方がいいでしょう。

Q.遠視も矯正できるのですか?
遠視の矯正はできません。

Q.この治療に向かない人は?
眼科的疾患のある方、強いアレルギーのある方、強度のドライアイの方は、その程度によって治療を受けられません。 私は重度の花粉症で花粉の飛ぶ時期は結膜炎の症状が強くでるため、にコンタクトレンズの装着が難しく、オルソケラトロジーを知っていたとしても使えず、今と同じフェイキックを選択しただろうなと思います。
Q.オルソケラトロジーは医療費控除の対象ですか?
オルソケラトロジーレンズの治療に係る費用は医療費控除の対象となります。詳しくは以下の国税庁情報の通りです。
■国税庁タックスアンサー(所令207所基通73-3)
オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)とは、近視などの角膜の屈折異常を特殊なコンタクトレンズを装用することにより、屈折率を正常化させて視力の回復をさせるものです。この治療も、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められます。
原文はこちら⇒https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm

未成年の子供の視力悪化を抑制するオルソケラトロジー

子供の近視は集中力の欠如による学力の低下、疲労の蓄積による無気力化など多くの問題をひきおこしますが、眼鏡、コンタクトレンズ以外に有効な手段がありませんでした。
そこで最近注目されているのがオルソケラトロジーです。特に5年間の長期に渡って未成年の子供に対するオルソケラトロジーの影響を確認した論文がありますので、ご紹介します。
「オルソケラトロジーの長期(5年)継続が学童期の眼軸長に及ぼす影響」
http://www.iovs.org/content/53/7/3913.short
ここではAbstract(要約)部分についてご紹介いたしますので、詳しく確認されたい方は原文(英語)をご確認いただければと思います。
■目的:我々の研究は幼児近視の眼軸延伸に対して、長期間のオルソケラトロジー治療と眼鏡の着用を比較するために実施した。

■手法:対象は59症例で、29症例がオルソケラトロジー治療、30症例が眼鏡を利用している。眼軸長はIOLMaster装置により5年間定期的に測定し、群間を比較した。5年間の試験期間中の軸方向長さの増加は、オルソケラトロジー治療および眼鏡を利用したグループでそれぞれ0.99±0.47および1.41±0.68mmであり、その差は統計的に有意であった。研究期間中、重篤な合併症はなかった。

■結論:現在の5年間のフォローアップ研究は、小児期近視におけるオルソケラトロジー治療が眼軸伸長を抑制できることを示した
データの見方は原文を良く確認していただかないと分からないかもしれませんが、簡単にいえば統計上で有意と考えられる程度にオルソケラトロジー治療は眼軸伸長(=近視)を抑制できることが分かったと書いてあります。とはいえ、日本国内では20歳以下へのオルソケラトロジーの適用は原則認められておりませんので、利用においてはクリニックに個別に相談する必要があります。

オルソケラトロジーはどのクリニックで行うのが良いか?

オルソケラトロジーはレーシックのように病院側に大きな初期投資が発生しませんので、対応している病院はたくさんあります。あえて言えば大手の方が患者が多く症例数に比例して、ノウハウが溜まっており安心ですが、遠くの大手病院よりも近くの町医者の方がケアがしっかりできる可能性もあります。
なので、知識武装をきちんとして質問に対しきちんと答えてくれる病院を選ぶことが大切です。質問にきちんと答えることができる病院の医師はちゃんと勉強していますし、ノウハウの蓄積も進んでいることでしょう。

オルソケラトロジーの費用はクリニックにもよりますが、大手クリニックで見てみると、一番安い品川近視クリニックの場合で、2年で15万円程度、神戸神奈川アイクリニックと新宿近視クリニックの場合で、2年で20万円程度の費用が発生します。また、2年に一度摩耗によるレンズ交換が発生すると、両眼で5~6万円の出費につながります。

たまに、眼鏡、コンタクトレンズとの費用比較で有利だからとオルソケラトロジーを勧める人がいますが、毎晩コンタクトを装着し、ケアする手間と金額を考えると、特別な事情がない限り、眼鏡、コンタクトレンズの方が便利だし、安心です。
初めて、オルソケラトロジーを試すならまずは大手で装用テストが無料の品川近視クリニックで試し、レンズが合わなければ別のクリニックを試すのが一番費用的にも安心です。
製品名 東レ(TORAY)ブレスオーコレクト オルソ-K(ORTHO-K) マイエメラルド
製造元 ユニバーサルビュー アルファコーポレーション テクノピア
酸素透過係数(Dk値) (cm²/sec)[mLO2/(mL·mmHg)] 156±30×10-11 104×10-11 145.6±13.6×10-11
屈折矯正度数 -1.00~-8.00D(0.50D間隔) 軽度・中等度の近視・乱視までが治療の適応
-1.00D~-4.00D
乱視は-1.5D程度
-1.00D~-4.00D
※乱視:-1.00D以下
厚生労働省
認可

認可

認可
米国FDA ×
未認可
×
未認可

認可
取り扱いクリニック 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック
装用テスト 無料 5,400円(税込) 5,000円(税込)
オルソケラトロジー費用 両眼9万720円(税込)
※初回より定期検診:5,000円/回
※レンズ交換時に別途レンズ代必要
コンフォートレンズ:両眼15.8万円(税込)
プレミアムレンズ:両眼18.8万円(税込)※角膜乱視が-1.25Dを超える場合
※4ヶ月目より定期検診3,000円/回
※レンズ破損・紛失2.7万円(税込)
※定期交換時:両眼5.4万円(税込)
両眼18万円(税込)
※現金一括払いで3,000円割引
※4ヶ月目より定期検診1,000円/回
※レンズ交換時に別途レンズ代必要(1枚につき3.5万円(税込)
対応拠点 東京、札幌、名古屋、梅田、福岡 新宿院でのみ対応 新宿院、梅田院、三宮院、福岡院
備考 品川近視クリニックにおける適応年齢は18歳〜39歳まで 新宿近視クリニックのサイトには適応年齢の記載なし 神戸神奈川アイクリニックのサイトには適応年齢の記載なし

↑ PAGE TOP