性能で選ぶならNASAも認めるレーシック プレミアムアイレーシック|神戸神奈川アイクリニック

性能で選ぶならNASAも認めるレーシック プレミアムアイレーシック|神戸神奈川アイクリニック

アイレーシックは、2006年に米国国防総省が、2007年にはNASAが実施を認めたレーシックの方式です。このレーシックが開発されたおかげでレーシックで視力回復した人でもNASAの宇宙飛行士や、米国の海軍パイロット・空軍パイロットになれるようになりました。

この「アイレーシック」を受けたほぼすべての海軍パイロットに、航空母艦への着地能力と射撃技能の向上が認められおり、効果・安全性の観点から大変信頼性の高い術式といえます。


アイレーシックの大きな特徴は次の通りです。

見え方の質が高い

「プレミアムアイレーシック」は、一人ひとりの角膜のゆがみを解析し、眼の状態に合わせたオーダーメイドのレーザー照射を行います。 そのため、より質の高い見え方を実現できるのです。例えば、同じ1.2の視力でも、よりクッキリはっきりとした見え方になります。


夜間視力が大幅に改善

これまでのレーシックと比べ、光を見たときににじんで見えたり(ハロー)まぶしく見えたり(グレア)を大幅に改善します。


この術式では利用する機器が決められています。決められた機器を使って決められた手順で手術を行う術式をアイレーシックとしてアイレーシックに必要な機器を提供しているAMO社がブランド化しています。

このため世界中で同じ機器を使って、同じ手順でアイレーシックが行われ、その中で行った不具合が機器や手法にフィードバックされて改善され、更に手術の安全性が高まるようになっています。

つまり、一つのクリニックで色々な機械を組み合わせて手術をしているとそのクリニックの中でしか問題は分からないのですが、アイレーシックは世界中の色々なクリニックで実施された結果を元に、改善されており、イントラレーシックの中でその安全性は最も高い術式といえます。

この術式で使うフラップを作成する機器は以下の通りです。
検査の際に角膜のゆがみを解析する装置として、アメリカAMO社製の収差解析装置「ウェーブスキャン・ウェーブフロント」


手術の際にフラップを作成する装置として、アメリカAMO社製のフェムトセカンドレーザー「iFS フェムトセカンドレーザー」(厚生労働省認可機器)


手術の際に近視、乱視、遠視を矯正する装置として、アメリカAMO社製のエキシマレーザー「ビジックス・スター S4」(厚生労働省認可機器)


この構成労働省の承認を受けている機器かどうかは重要なポイントで、この手術を行う機器に何か根本的な問題があった際に国が責任を取ってくれるということです。

新しい高性能の機械も悪くないのですが、必要以上に高性能である必要はありません。 構成労働省の承認を得ていない機器ですと、不具合が発生しても手術を行ったクリニックでしか責任が取れませんので、注意が必要です。

アイレーシックの問題点

このように良いとこずくめのアイレーシックですが、当然問題点もあります。個人の眼の形などに応じて、「オーダーメイドな手術」を提供する部分が特徴でこれまでは様々な理由で手術を受けることができなかった人に対しても、コンピューター管理された精密な手術を実施することができるのですが、角膜を削る量がオーダーメイドでない術式と比べると多くなるため、「角膜が薄い人」・「強度近視の人」などは手術対象外となってしまう場合があります

そのため、こちらの術式を希望される場合は、必ずクリニックでレーシック無料適応検査を受けて、医師と相談する必要があります。

また、アイレーシックは手術をするたび(片眼ごと)にクリニックがAMO社にライセンス料金を支払う必要があるのですが、このライセンス料が高額なため、他の術式に比べて料金が高くなる特徴があります。但し、安全性の高い、実績のある術式を選ぶのであれば、現状アイレーシック以外に選択肢がない状況ですので、視力回復手術を検討されている方は価格とメリットを踏まえて、手術を受けるのか、受けないのか検討していただければと思います。

保障プランの違い

また、プレミアムアイレーシックには3年保障プランと15年保障プランがあります。これは単純に保障期間の差で価格が異なります。

ちなみに、どのような保障があるかというとホームページには色々書いてありますが、以下の点が主なポイントです。
 ・手術後に視力が下がっても再手術・追加矯正が無料
 ・万一、合併症になった場合、合併症治療費が無料

レーシックは手術によって削られた角膜が治ろうとする働き、つまり角膜実質層の再生により視力の戻りがあり得ますので、保障期間は短いより長い方が良いとは思いますが、長期保証には私は否定的な立場です。

何故かというと3年間で近視の戻りがなければ、15年間保証があっても近視の戻りが訪れる確率は低いだろうと点と、仮に3年以内に近視の戻りがあって再手術を行った場合、再度近視の戻りがあっても手術するかというとたぶんしないと思うのです。

眼はかなりデリケートな部分ですので、何度も何度もフラップを作ってレーザー治療なんてやってると、フラップ強度も低下しますし、眼に悪影響を及ぼしますので、手術できる回数には限度があります。

なので、私は3年保障で十分だと思います。
お金が十分にあって心配と思う方は15年プランを選択すればいいでしょう。

↑ PAGE TOP