価格で選ぶならiFS イントラレーシック|神戸神奈川アイクリニック

価格で選ぶなら iFS イントラレーシック|神戸神奈川アイクリニック

「iFS イントラレーシック」は神戸神奈川アイクリニックが提供している最も安いイントラレーシックです。両眼で税込25万円で手術を受けることができます。イントラレーシックを希望される方には第一候補となるサービスです。このサービスを基本に後は信頼性や納得感を上げるためのオプションを付けると値段が上がると考えていただくと分かりやすいです。



レーシックといえば、今はイントラレーシックが一般的です。
イントラレーシックでは目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の屈折率を変えることにより視力を矯正します。この角膜にエキシマレーザーを照射するにあたって、角膜の表面を薄く円形に切り取り、ふたのような状態にするのですが、これをフラップと呼びます。
このフラップは角膜から完全に切り離さないで、一部分がつながった状態にしておきます。このつながった部分を軸にして、角膜本体からめくりあげるようにして、その隙間からレーザーを照射します。

なぜ、このフラップを作るかというと、角膜はもともと痛みを感じやすい箇所ですが、フラップの存在によって手術の痛みを軽減することができます。また、レーザー照射後の角膜を細菌や異物から保護する役割もあります。
このフラップの作成をイントラレーシックではプログラミングされた機械がレーザーで行います。そのため、手術の結果が医師の技量に左右されにくく現在、主流となっている術式です。また、レーザーを利用してフラップを誤差なく薄くきれいに作ることができるため、重度近視や角膜の薄い人も治療対象となります。

このイントラレーシックですが、フラップ作成に使うフェムトセカンドレーザーの種類によって、様々なサービスがあります。

フラップ作成に使うフェムトセカンドレーザーについて

神戸神奈川アイクリニックの「iFS イントラレーシック」ではフラップ作成に使うフェムトセカンドレーザーとして、アメリカAMO社製レーザーを使用しています。登場してから数年が経過しており、安定した性能を期待できる機種になります。 大きな特徴としては、フラップの切断面の角度が改良され(110~120度)、台形のエッジが作れるようになったため、より強度に優れ、ずれにくいフラップを作ることができるといった特徴があります。
また、作成されるフラップは約100μmの厚さで、従来のマイクロケラトームによるフラップよりも約60μmほど薄く作ることができるため、重度の近視の方にも対応できます。
機種名 iFS Femtosecond Laser
メーカー アメリカAMO
リリース 2009年
厚生労働省 認可
米国FDA 認可
レーザー照射速度 150Hz

角膜を削る際に利用するエキシマレーザーについて

続いて、角膜を削る際に利用するエキシマレーザーの紹介です。
ビジックス スター S4 IRはiレーシックと呼ばれる、NASAと米国国防省のパイロットが唯一受けることのできる屈折矯正手術で利用されているエキシマレーザーです。 世界中また日本での利用実績も多く、厚生労働省の認可機器でもあるため、非常に信頼性が高いといえます。
機種名 VISX STAR S4 IR
メーカー アメリカAMO
リリース 2004年
厚生労働省 認可
米国FDA 認可
レーザー照射速度 20Hz
アイトラッキング 60Hz

イントラレーシックを比選ぶ際に検討するポイントは3つあります。

1.フラップ作成のためのフェムトセカンドレーザーの性能
2.視力矯正のためのエキシマレーザーの性能
3.長期的なサポート体制

この術式(iFS イントラレーシック)で利用しているフェムトセカンドレーザー及びエキシマレーザーの性能及び実績は申し分ありませんし、イントラレーシックを検討されている方にお勧めできるサービスです。また、大手のクリニックですので、長期的なサポート体制も申し分ありません。

イントラレーシックで使うレーザーは1台数千万円程度する非常に高額な機器です。導入にもメンテナンスにも相応のコストがかかります。 そのため、ある程度の客数が見込めないと経営的に難しいです。そのため、個人経営のクリニックでは、経営が安定しない可能性が高いため、手術を受けるなら大手クリニックを選択するべきでしょう。
大手のクリニックであれば万が一撤退する際にも他のクリニックにサポートを依頼することもできますが、個人経営の病院ではそのような対応は難しい状況です。
また、神戸神奈川アイクリニックの大きな特徴として、実績のある執刀医の指名ができることもお勧めする大きなポイントです。
このようにイントラレーシックを希望される方には大変お勧めできる術式ではあるのですが、角膜の厚さ、病気の有無等により手術を受けることができないことがあります。もし、この術式(iFS イントラレーシック)で手術を受けることを希望されるなら、必ず神戸神奈川アイクリニックのレーシック無料適応検査を受けてその結果を確認するようにしてください。

↑ PAGE TOP