視力回復手術の中で、最も安全性が高いものを聞かれると、このアイレーシックをご紹介します。NASAと厚生労働省の認可を受けていることと、開始から数年が経過していますが大きなトラブルが発生していないことが、評価ポイントです。

iレーシック(iLASIK/アイレーシック)とは

iレーシックは、イントラレーシックの一種です。 フラップ作成にイントラレースiFS、エキシマレーザー照射にビジックス スター S4 IR、眼の検査にウェーブスキャンを使用する術式をiレーシックと呼んでいます。この術式は現在、神戸神奈川アイクリニックのみで提供されています。以前は、新宿近視クリニックでも提供されていたのですが、現在は提供されていません。

特徴① 一人一人の眼に合わせた視力回復施術

同じ視力でも見え方の質には違いがあります。 下の2枚の写真は、視力1.2の見え方をイメージした図ですが、判別はできても輪郭がぼやけて見える視力1.2と、輪郭がくっくりクリアに見える視力1.2では、視力の質が大きくことなります。

 図.輪郭がぼやけて見える視力1.2

 図.輪郭までクリアに見える視力1.2

特徴② 夜間視力の改善

これまでのLASIKでは、視力が回復しても、夜間にまぶしく感じることがありました。光が散乱してぎらついて見えたり、ぼんやりとにじんで見えたりすることもあり、夜間の運転がしづらくなることもありました。iLASIKではこの問題を改善し、夜間のクリアな見え方を実現します。

特徴③ 精密で強度の高いフラップ

iレーシックでフラップ作成に使用するイントラレースiFSは、エッジ角度を30~150°の範囲で設定できるため、フラップ強度が強いことが特徴です。 エッジを直角に作るとマンホールのふたを戻すようにしっかりと元の位置に納まるためシワやずれが起こりません。また、より安定した台形に作ることができますので、フラップをしっかり固定することができます。

それでは、神戸神奈川アイクリニックで提供されているiレーシックについて確認しましょう。
サービス名称 iFSイントラレーシック プレミアムアイレーシック
価格 25万円 30万円(3年保障プラン)
37万円(トータルケアサービス)
保障やアフターケア 3年(再手術・追加矯正が無料、手術後の検診・相談が無料、合併症治療対応が無料) 3年もしくは15年(再手術・追加矯正が無料、手術後の検診・相談が無料、合併症治療対応が無料)
さて、値段、保障やアフターケア以外のレーザーの性能について確認しましょう。

フラップ作成に使うフェムトセカンドレーザー

フラップ作成にはアメリカAMO社製レーザーであるイントラレースiFS Femtosecond Laserを使用します。 この機器は厚生労働省の認可を受けています。厚生労働省では、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、製造から販売、市販後の安全対策まで一貫した規制を行っており、この基準に適合した機器が認可を受けることができます。
また、フラップのエッジ角は30~150°の間で調整でき、他のイントラレーシックで使用されているフェムトセカンドレーザーと比較して、フラップがズレにくい特徴があります。作成されるフラップは約100μmの厚さで、従来のマイクロケラトームによるフラップよりも約60μmほど薄く作ることができるため、重度の近視の方にも対応できます。
機種名 iFS Femtosecond Laser
メーカー アメリカAMO
リリース 2009年
厚生労働省 認可
米国FDA 認可
レーザー照射速度 150Hz
エッジ角度 30~150°
フラップ強度 強固
フラップ厚 1μm 単位で 任意に 細かく設定可能
フラップの大きさ 0.1mm 単位で 任意に 細かく設定可能

角膜を削る際に利用するエキシマレーザー

続いて、角膜を削る際に利用するエキシマレーザーを確認します。
こちらも厚生労働省の認可を受けた機器を利用しています。
機種名 VISX STAR S4 IR
メーカー アメリカAMO
リリース 2004年
厚生労働省 認可
米国FDA 認可
レーザー照射速度 20Hz
アイトラッキング 60Hz
補正率 300%
さて、最後にアイレーシックを受けることができるクリニックのご紹介です。 数年前まで大手クリニックはアイレーシックを扱っていたのですが、現在アイレーシックを受けることができる大手クリニックは、神戸神奈川アイクリニックだけです。アイレーシックは手術を行うにはライセンス料を支払う必要があるのですが、このライセンス料が高く価格設定を高くしなければならず、売りにくいため撤退したのだと思います。それでは、唯一残った神戸神奈川アイクリニックのご紹介です。

神戸神奈川アイクリニック概要

神戸神奈川アイクリニックは、執刀医の指名ができます。実績のある先生にお願いしたいと思うのが、失敗できない手術における人の考え方だと思いますので、手術に対する安心感は非常に高いです。また、全国に拠点の多いクリニックですので、首都圏に住んでいない方、転勤が多いもしくは今後転勤がありうる方にも安心してお勧めできるクリニックです。 アイレーシックは個人の眼の形などに応じて、「オーダーメイドな手術」を提供する部分が特徴でこれまでは様々な理由で手術を受けることができなかった人に対しても、コンピューター管理された精密な手術を実施することができる大変優れた術式ですが、角膜を削る量がオーダーメイドでない術式と比べると多くなるため、「角膜が薄い人」・「強度近視の人」などは手術対象外となってしまう場合があります。
手術を検討される場合は一度、お近くのクリニックで検査を受けて、ドクターに相談するようにしてください。
全国の神戸神奈川アイクリニック所在地一覧

神戸神奈川アイクリニック
症例数 145万症例
執刀する医師 眼科専門医
医者指名 可能
拠点 東京、大阪、福岡、名古屋、滋賀

↑ PAGE TOP