強度近視の私がフェイキックIOLを受けて視力を回復した体験と視力が低下するメカニズム、対処方法について、説明します。意外と多い強度近視の方向けに情報提供ができればと思います。

フェイキックIOL手術までの流れ


1. 適応検査の予約

フェイキックIOL手術を受けるには、事前の適応検査を受ける必要があります。検査の結果によっては、手術を受けることができません。 この検査は予約制ですので、クリニックに電話して予約する必要があります。 また、検査の前にはコンタクトレンズを一定期間外しておく必要があります。 この期間が以外と長くハードルが高いのですが、ハードコンタクトレンズ装用の場合は3週間、ソフトコンタクトレンズ装用の場合は1週間、適応検査までコンタクトレンズの装用を中止する必要があります。

2. 適応検査・カウンセリング

フェイキックIOL手術を受けることができるか、検査を実施します。検査結果は即日分かりますので、結果に基づいて医師からカウンセリングを受けます。この段階で不明な点を医師に直接確認することができますので、不明点があれば事前に紙に書きだすなどして、準備をしておきましょう。

3. 眼内コンタクトレンズの度数を決定

近視度数の検査結果より眼内レンズの度数を決定します。レンズが用意出来るまで一般的には約1週間~3ヶ月かかります。 また、発注の段階でレンズ代金の一部を手付金として支払う必要があるケースが多いです。

4. 点眼

感染予防のために手術までに、抗生物質の点眼をするケースがあります。

5. 手術

さて、手術当日です。公共交通機関でクリニックへ向かいましょう。手術当日は車、バイク等の運転は非常に危険ですので、控えるようにしましょう。 また、女性の方は当日はアイメイクは控えましょう。手術後は抗生物質と消炎剤の点眼を毎日行う必要があります。

6. 再診

手術後は、翌日、2日目、1週間、1カ月、2カ月、3カ月、6カ月など、定期検査を受ける必要があります。


レーシック手術までの流れ


1. レーシック 予約・相談

レーシック手術について検討するなら、クリニックに検査に行く必要があります。希望するすべての人がレーシック施術を受けることができる訳ではないのです。角膜厚、度数など、事前に眼の状態をチェックしてから、手術の可否がきまります。
この事前検査の段階で、医師に施術に対する不明点を確認することになりますので、気になる点がある場合は、事前にメモに整理するなど、準備をしてください。

2. レーシック 適応検査

 事前に予約したクリニック、日時で適応検査を受けます。検査は無料のクリニックがほとんどです。受けないと手術を受けられませんので、手術を希望する場合は、受けてください。この適用検査の結果により、施術可能な術式が決まり。適応検査は込み具合にもよりますが、1~2時間程度で終了し、検査結果はすぐに教えてもらえます。早ければ、この段階で受ける術式(メニュー)と日程を決定します。

3. 手術

 手術方法や手術日程が決定すると、手術当日までに守るべき注意点をお知らせいただきますので、注意事項を守りつつ、手術当日を迎え、手術を受けます。

4. 手術後

手術後しばらくの間は、角膜の抵抗力が普段より弱い状態にあるため、ケアが大変重要となります。 手術翌日からの定期検診は必ず受けるとともに、医師から指示される日常生活での注意事項も必ず守る必要があります。

5. レーシック 定期検診

術後検診(定期検診)は、視力回復状態の確認、創傷治療状態の把握、合併症の早期発見のために行います。 術後の経過が良くても必ず、受けるようにしましょう。定期検診を欠かさず受けることが、視力回復施術で問題を引き起こさない一番の秘訣だと思います。

↑ PAGE TOP