エピレーシックは角膜混濁の発生率が高く、最近行われることは少なくなっていますが、参考までにどのような術式か紹介しておきます。

エピレーシック

エピレーシックはマイクロケラト―ムという器具を利用します。 この器具はレーシックのフラップを作るために開発されましたが、エピレーシックではフラップを作るのではなく、上皮を除去するために用います。 エピレーシックはフラップを作ることがないため、痛みが数日間続きます。角膜混濁の発生率も高いため、除々に行われなくなってきました

↑ PAGE TOP