強度近視の私がフェイキックIOLを受けて視力を回復した体験と視力が低下するメカニズム、対処方法について、説明します。意外と多い強度近視の方向けに情報提供ができればと思います。

なぜ、視力は回復しないのか?

これまで色々な視力回復法試してきました。
しかし、私が試したもので効果を感じたものはありませんでした。

視力の悪い知り合いは多いですが、ちまたで宣伝している視力回復法で実際に視力が回復したと聞いたことがありません。

なぜ、視力は回復しないのでしょうか?

実は、近視には視力が「回復する近視」と「回復しない近視」があるのです。

ご存知でしょうか?

回復する近視は「屈折性近視」と呼ばれています。

屈折性近視は水晶体が一時的にふくらんだままになったために起こる近視でふくらみが元に戻ると視力も回復します。

一方、回復しない近視は「軸性近視」と呼ばれています。

強度近視の方はだいたい「軸性近視」です。こちらは眼の構造が変化することで、視力が低下するためメガネ、コンタクトレンズ、視力回復手術でしか回復が見込めないのです。

つまり、一般に宣伝している視力回復センターなどで視力が回復するのは、「屈折性近視」の方だけなのです。
「軸性近視」では眼の構造が変化して近視になっていますので、視力回復センター等で眼の訓練をしても視力が回復することはありません。

眼のトレーニングによる視力回復をうたう視力回復センターなどの利用を考えている方は、ご自身の近視が「屈折性近視」か「軸性近視」のどちらか確認してから利用されることをおススメします。
なお、「屈折性近視」か「軸性近視」かの確認は眼科で目の奥行き(眼軸)を計る検査により判断することができます。

続いて、軸性近視の場合、どのような仕組みで視力低下が起こるのか順を追って確認してみましょう。

視力低下が起こる仕組み

遠くを見るとき水晶体は薄い状態です。一方、読書、パソコン等の事務作業で手元を見る場合、目の周りの筋肉が収縮し、水晶体を厚くすることで、ピントを合わせます。長時間手元を見続けると、目の周りの筋肉の緊張を和らげようとして、眼軸が伸び、眼の構造が近くを見るのに最適な形に変わってゆきます。これが近視の始まりです。

例えば、読書をする場合、眼の周りの筋肉が働き水晶体を厚くすることで眼と本の距離50cmに焦点が合うようにします。 頻繁に読書をしていると、目の周りの筋肉の緊張を和らげようとして、眼軸が徐々に伸び、筋肉を使わなくても50cmの距離で焦点が合うようになります。
すると、遠くが見えないのでメガネ、コンタクトレンズで遠くが見えるように調整するのですが、 読書により手元を見る生活を続けると、再び目の周りの筋肉により50cmの距離に焦点が合うように調整されます。その結果、眼の周りの筋肉の緊張を和らげるように眼軸が再び伸び始めます。 すると、遠くが見えないのでメガネ、コンタクトレンズで遠くが見えるように調整する。この繰り返しにより近視が進むのです。

最も、近視にも限度があります。無制限に進むわけではないのです。 眼軸が伸びようとする動きに対し、眼球の筋肉がそれらを妨げる方向に動くため、最終的には一定の視力に落ち着くことになります。 そのため、近視を防ぐにはなるべく遠くを見て、近くを見ないようにする、メガネ、コンタクトレンズの度数を上げ過ぎないなどの対策を取る必要があります。
数年に渡り視力低下が続いている方は、残念ながら軸性近視の疑いが強く、目力を鍛えても視力回復は見込めないでしょう。この場合、中程度の近視にはイントラレーシック、視力が0.1を下回る強度近視の場合は、フェイキックIOLが視力回復の有力な手段となります。

↑ PAGE TOP